Loading

出展コーディネート

キモノスタイル200

206 大原和服専門学園 着物染織科 栗本明優

文を好む鶯の宿

故来の鶯宿梅をモチーフにデザインを起こしました。
また梅には好文木という異称をあるので、この様なタイトルを付けました。
糸目糊置の技法を用いて梅と鶯の柄を表現し、彩色では梅の花と枝に注意しながら鶯は少し目立つ様にし、梅の花には金彩の技法も用いました。

和裁士:着物染織科学生(モデル仕立て)

出展者情報

大原和服専門学園
http://www.ohhara.ac.jp/

価格情報
非売品